KANAFAN交流会レポート

掲載日:2013年7月1日

神奈川から生まれる熱い交流を大きな力に!KANAFAN交流会に約300人が参加!

2012(平成24)年6月29日、関内の横浜メディアビジネスセンターで、かながわ国際ファンクラブ・KANAFAN交流会を開催しました。

当日は、梅雨の晴れ間に恵まれ、約300名の外国人留学生・研修員や、その関係・支援団体等の方々が集い、互いに交流を深め、インターネット番組「横浜夢回廊」を通じて世界に発信しました。その模様は、インターネット放送番組「横浜夢回廊」で見ることが出来ます!

Youtube「横浜夢回廊」第28回放送のページへ

またこのページで、交流会の模様を紹介します!

開会あいさつ

司会は、神奈川をはじめ日本で精力的に活動されている、ネパール出身の元留学生ジギャン・クマル・タパさん。

馬頭琴の演奏

モンゴル人留学生バドジャルガル・アリウンザヤさんに馬頭琴を演奏していただきました。エキゾチックな音に、一同、耳を傾けました。

会員からのメッセージ(留学生代表のあいさつ)

3人の会員から、KANAFANにメッセージをいただきました。(以下、各メッセージ要旨)

喬 禹翔(きょう・うしょう)さん
(中国人留学生、全日本中国人留学生学友会副会長・横浜地区中国人留学生学友会会長)

私は横浜国立大学で国際経済法を研究しています。また中国人留学生学友会では、震災後、被災地でのゴミ拾い活動やチャリティーコンサート、寄付等の活動を行なっています。私は、スラムダンクというアニメを見て神奈川県を好きになり、留学先に選びました。ファンクラブへの希望としては、ホームステイのチャンスを留学生のために作って、留学生と日本の市民の交流の機会を作ってほしいと思います。同世代の日本人との交流が少ないので、もしファンクラブがチャンスを作ってくれたら、もっともっと日中の友好交流が実現すると思います。

インタラチット・ヌンヌットさん
(タイ出身の元留学生、国際ロータリー第2590地区米山奨学生学友会会長)

私は日本に来てもう10年になります。現在は日産自動車で働いています。私も初めて日本に来た時は何も分からず、生活でも、いろいろと困ったこともありました。就職活動等も、ファンクラブでサポートしていただければ嬉しいです。私は国際ロータリー第2590地区米山奨学生学友会の会長をしていますが、これは、国際ロータリーの奨学金をもらった学生のOBの集まりで、彼らにファンクラブを紹介していきます。就職についての情報も提供できればと思っています。

崔 桓溶(チェ・ファニョン)さん
(韓国人留学生、神奈川県スカラシップ留学生)

私は、勉強の傍ら、国際交流協会で、韓国語を教え、韓国と日本の言葉・文化や歴史を比較しています。日本語と韓国語には、発音と意味が非常に似ている単語がたくさんあることに驚きました。両国が昔から多くの交流をしてきたことを証明しています。私は、日本と韓国のかけはしになれるように頑張りたいです。また、県民の方々には、地域の様々なグループや団体に、留学生が参加できるよう、情報を提供していただき、身近な存在になって欲しいと願っています。

続いて、主催者として黒岩知事があいさつをいたしました

いろいろな国からたくさんの方が神奈川に来てくださっているのを本日、改めて実感し、ワクワクしています。神奈川の地で、住み、学び、働いている皆さんを、我々はできる限りサポートしていきます。大変なことがいっぱいあると思います。それを誰かに相談したい、助けてもらいたいと思っている方を、みんなの力でサポートするネットワークを作っていくことが、このKANAFANのねらいです。そして、神奈川にいて良かったという思いを持っていただきたいと心から思います。日本、そして神奈川にご縁ができたということが、これからの人生にとって、大きな力になっていくことは間違いありません。KANAFANのネットワークが、皆さんを支えてまいりますので、神奈川のファンとなって、頑張ってください。

参加いただいた4名の神奈川県議会議員のご紹介。

続いて、牧島 功 議員からごあいさつと乾杯のご発声をいただきました。

サポート会員(5団体)から、サポート内容を紹介してもらいました。

(以下写真左より、)
・神奈川県経営者協会 古川シニアマネージャー様: 留学生の企業インターンシッププログラムについて
・かながわ外国人すまいサポートセンター 裵理事長様: 外国人の住まい探しのサポートについて
・神奈川芸術文化財団神奈川県民ホール 眞野館長様: 公演等へのご招待について
・神奈川フィルハーモニー管弦楽団 大石専務様: 神奈フィルコンサートへのご招待について
・全日本空輸株式会社 杉山マネージャー様: ANA国内旅行のKANAFAN会員限定割引について

インターネット放送番組「横浜夢回廊」に知事が出演!

今回のKANAFAN交流会の様子は、会場内にインターネット放送番組「横浜夢回廊」の放送用ブースを設け、生中継されました。
「横浜夢回廊」は、山陽印刷株式会社が制作する、横浜在住の中国人留学生をMCに起用した横浜観光情報番組で、インターネット動画共有サービスであるUstreamやJustin.TV、Youtube等により配信しています。
交流会の途中、MCである中国人留学生が放送ブースを飛び出しステージに登場、知事と歓談。また、知事は「横浜夢回廊」の視聴者に向けて、メッセージを送りました。

オススメかながわ人気投票&県産品プレゼント

事前に送っていただいた「神奈川県内のおすすめスポット」18作品の中から、5作品を会場でご紹介。知事から、応募者の方に、小田原漆器などの県産品をプレゼントしました!



いただいたおすすめ情報は、こちらに掲載しています! 
会員のひろばへ(こちらに順次掲載します。)

そのほか、ネットワーキングタイムでは、思い思いに交流していただきました!

約300人を超える外国人・日本人の参加者が、賑やかに歓談し、神奈川を舞台につながりを深めました。これを機会に出来た新たな出会いが輪となって、KANAFANをいっそう盛り上げてくれることを期待しています。 

会員登録はこちら

サポート会員登録はこちら



交流会の開始前には、横浜デザイン学院日本語学科多国籍バンド「ES CAMPUR」と、横浜市立大学の多国籍ユニットが音楽で盛り上げました。

PAGETOP