KANAFAN STATIONプレオープニング交流会レポート

掲載日:2013年7月1日

KANAFAN STATIONのプレオープンを記念して、交流会を開催しました!

2012(平成24)年12月1日、かながわ県民センター2階にKANAFAN STATIONがプレオープン!これを記念して交流会を開催しました!

KANAFAN STATIONの利用案内はこちら

当日は、外国人留学生・研修員などのファンクラブ会員や、サポート会員の方々が集い、KANAFAN STATIONのプレオープンを祝いました。KANAFAN STATIONにかける黒岩知事の思い、参加留学生や支援団体の方からのお祝いのメッセージを中心に、交流会の模様を紹介します。

黒岩知事あいさつ

かながわ国際ファンクラブをスタートしてもう半年くらい経ちました。インターネット上の交流だけでなく、直接皆さんが顔を合わせて交流できる場があったらいいなということで、このKANAFAN STATIONをオープンしました。

せっかくこういう場を用意しましたので、みなさんどんどん自由に使ってください。ここで交流の場を作り、ここから新しいプロジェクトや、何かおもしろい事をやってみようとか、ここから生まれていくことを期待したいと思います。

この場が本当に生きるかどうか。それは皆さんにかかっています。これを機会にして、かながわ国際ファンクラブを、もっともっと大きな力強い仲間の交流の場にしていってもらいたいと思います。

KANAFAN STATIONへの期待、お祝いのメッセージ

会員代表
宋 ダヘさん(韓国人留学生)


本日はおめでとうございます。私は日本に来て5年目になります。これまで、苦労したことや困ったことがたくさんありました。私は日本に身内が一人もいないので、特に住居問題では大変苦労しました。今回、KANAFAN STATIONがオープンし、そうした相談や就職の支援など様々な支援を行なっていただけるので、留学生にとって大変助かると思います。ひとつ、私の小さな意見としては、留学生はいろいろなところに住んでいるので、みんなにとって交通費の心配がない場所にも、KANAFAN STATIONがあるといいなと思います!

サポート会員代表
大田 孝生さん(NPO法人留学生と語り合う会理事長)


私たち留学生と語り合う会は、日本人会員が約100名、登録留学生会員が約150名おり、「3つの絆」を合言葉に、1対1で留学生を支援しています。絆の一つ目は会員同士の絆、二つ目は会員と留学生との絆、三つ目は留学生同士の絆です。留学生は、同じような環境にいる留学生同士で友達になりたい、という希望が強いようです。それを目的に我々のプログラムに参加することもあるようなので、団体としてもこれを大切にしています。
 この3つの絆は、かながわ国際ファンクラブやKANAFAN STATIONの目的にも合致するところがあると思うので、とても心強く思っております。ますますのご発展を祈っております。

インターネット放送番組「横浜夢回廊」とのコラボレーション



プレオープニング交流会は、インターネット配信番組「横浜夢回廊」でライブ配信しました!
交流会の後半は、知事が仮想スタジオに入って、留学生MCや参加留学生等とトークを楽しみました。 

当日の放送の一部をご紹介します!



この動画では、知事のプレオープン宣言、MCのKANAFAN STATIONの紹介、KANAFAN STATIONにかける黒岩知事の思いまでを抜粋しています。当日の放送の全記録は、こちらをご覧ください!
横浜夢回廊33回放送「KANAFAN STATION」プレオープン交流会生中継(Youtubeのサイトが開きます)

PAGETOP