神奈川での経験

掲載日:2013年7月1日

会員のひろば

神奈川での素敵な出会い・思い出、とっておきのおススメ情報を会員の皆さんがお伝えする「ひろば」です。

平成24年度神奈川県海外技術研修員からの投稿をご紹介いたします!!

平成24年度神奈川県海外技術研修員で、(公財)かながわ考古学財団等で、発掘方法等の考古学を研修した博物館員のマウ・チャリヤさん(カンボジア出身)から、神奈川県での研修の様子や研修員の仲間との鎌倉旅行について投稿をいただきました。

My experience in Kanagawa.   マウ チャリヤ さん【日本語】

陶器修復の様子です。
バラバラになった土器をつなぎ合わせる作業をしているところです。継ぎ目を探し、隙間に石膏を埋め着色用石膏で表面を仕上げます。考古学学習コースでの考古学的土器の製図は難しく完成するのが大変でした。この手描きによる作業には、興味深い道具が必要なときもあります。陶器には、装飾のためのものや、土を混ぜるためのもの、技術的に、また何か作るために使われるなど幅広い役割があります。また陶器のパーツは縁、本体、土台、陶器全体の装飾に分けられます。

高徳院の大仏坐像は鎌倉時代中期に建造されました。これは、瞑想・教えに集中している姿勢(ムドラ)です。サンスクリット語でムドラは、神の力を表す姿です。仏教では、ブッダの像の手は様々な動きや形をしています。それぞれの手の形は瞑想や集中など精神的修行を示しています。
鎌倉の仏像は、ディヤーナ・ムドラとして知られている様々な手の姿勢をとっています。ディヤーナ・ムドラとは瞑想の姿勢で、サマディーあるいはヨガ・ムドラと呼ばれています。両手が、親指の先が触れ合うようにひざの上に置かれています。

My experience in Kanagawa.   Mauv Chakriyaさん【English】

Pottery Conservation: I was junketed the earthenware that broken a lot of pieces. After found the junction finished, put plaster to the lose place and cover a surface with the coloring plaster. In the Archaeological studying cause about Archaeological pottery drawing has poor one difficult hard to complete art. For interesting equipments need necessarily to use in this work by hand-draw. Some of pottery is gave general role such as decoration, mixing soil, technical, production. Part of pottery they divided Rim, Body, Base and decoration of the whole pottery.

The seated bronze statue of Buddha at KOTOKU-IN temple was built the middle of the Kamakura period. This is the mudra of meditation; of concentration on the good lawMudrā in Sanskrit is a gesture by which divine forces are manifested. In Buddhism, Buddha images are presented with many hand movements or positions. Each hand position explains a spiritual exercise of meditation or concentration.
The Buddha statue of Kamakura were carved with various hand gesture, recognized as Dhyāna mudrā. Dhyana mudra meant that the Gesture of Meditation. This gesture we called the Samadhi or Yoga Mudra. Both hands are placed on the lap and thumbs touching at the tips.

PAGETOP