「廣江理枝オルガンリサイタル」感想文
Impressions of Rie Hiroe Organ Recital

 

メキシコ出身の会員の方より Message from a Mexican member

She greet the attendees with an conventional opening song, and once she finished she gave an explanation about organ music. It was great turn of events knowing all the things involved, interacting with the audience directly.
The first half you could seat back and a enjoy good performance, a bit different from the traditional solemnize organ music, more vibrant notes, nevertheless for the second half, Rie san inundated our senses by combing the power of music and lights, among them we could find in the atmosphere: Red, Blue, Passion, Pink, soul, love, relaxing, lively, harmonizing feelings and to finish the soiree, the natural light and just the magic of the pure organ, with a drop of nostalgia. Not only hear but visual senses were delight the soiree.

(和訳)
彼女は、伝統的なオープニング曲をもって観客に挨拶し、それが終わるとオルガン音楽について説明をしてくれました。観客と直接交流をしてくれて、オルガン音楽に関わることを知るよい機会となりました。
前半部は、伝統的な、正式なオルガン音楽とは少し異なる、より活気のある演奏を楽しむことができました。そして後半部は、理枝さんは音楽と光を組み合わせることによって私たちの心を圧倒しました。私たちは、赤、青、情熱、ピンク、魂、愛、リラックス、活気、心の調和、自然光とただ純粋なオルガンの魔法をささやかなノスタルジーとともに感じ取ることが出来たのです。聴くだけでなく視覚に訴える方法がソワレをより楽しいものにしてくれました。

 

サウジアラビア出身の会員の方より Message from a Saudi Arabian member

I have immensely enjoyed this unique experience. Prior to this, my limited knowledge of the organ came from TV and movies. I thought the device was only capable of one style of sounds like it is usually seen through the media. I was quite astonished to discover the wide range of sounds the instrument is capable of. It came alive with the dance of the knobs, the lights and wind blowing through the pipes. And it all left me speechless…

(和訳)
素晴らしいコンサートを大いに楽しんできました。これまでは、私のオルガンに関する知識はテレビや映画からの限られたものでした。オルガンはメディアを通じて普段よく耳にする音だけを出すことしかできないと思っていました。しかし、この楽器が奏でられる音の広さがわかり、とても驚きました。光やパイプを通して吹く風のダンスによって、活き活きしているようでした。私は感動のあまり声が出なくなるようでした。

 

▼ やさしいにほんごばん は、こちらから!(PDFデータがひらきます)
PAGETOP