神奈川フィル「音楽堂シリーズ第9回定期演奏会」感想文
Impressions of the Kanagawa Phil Music Hall Series the 9th Subscription Concert
あなたも参加しませんか?チケットのプレゼントは、こちらをクリック!
Click here to join ticket giveaway campaign!
(※プレゼント対象者は、会員である留学生等の外国の方となります。)

メキシコ出身の会員の方より Message from an Mexican member

The first thing you notice when the musicians enter on stage, is you don’t see a musicians group, you see a musicians family. The Director might be young but this is exactly one of his strengths, energy and enthusiasm that embed into the musical pieces. The young director and the first violinist seems like a new generation of artist that are marking they own way and path, not only playing but enjoying it every second, they do a perfect musicians cufflink.

From interpretation to interpretation follow this same equation; it keeps you attracted to it, it keeps you engaged because it is fun, is fresh music. These interpretations are only possible when the group of musicians is well synchronizing as people.

Each time I go to this concerts I am amazed by the humility of the artists, after the performance they wait outside the attendees to greet and give thanks to come to the show.

Looking forward to hear this musicians family again.

(和訳)
音楽家達がステージに登場したとき、グループではなく家族に見えることに気づくと思います。指揮者は若いですが、演奏はまさに、彼の力強さ、エネルギー、情熱が表現されたものでした。若い指揮者と最初のヴァイオリニストは、単に演奏をするだけでなく、全ての瞬間を楽しむことで、彼ら自身の道に足跡を残すような、新しい芸術家の世代のように見えました。また、実際、完璧な音楽家でした。

演奏によっては、次のような相関関係を示すのです。つまり、音楽が楽しく斬新なものであるほど、魅了されたり夢中になったりするということです。これらは、音楽家達が観客とうまく同調しているときにのみ起こりうる演奏です。
コンサートに行くといつも、音楽家達の謙虚さに驚かされます。というのも、演奏の後、彼らはホールの外で観客を待ち、挨拶と感謝の言葉を述べるのです。

また、この音楽家の家族たちを見に行くのを楽しみにしています。

▼ やさしいにほんごばん は、こちらから!(PDFデータがひらきます)
PAGETOP