南加神奈川県人会

掲載日:2016年6月1日

南加神奈川県人会(アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス市)会長のフランク・カワセさんから、近況報告のお便りが届きました。

Sensei Haruko Takeichi was recently in the Rafu Shimpo celebrating 25th anniversary of the Sogetsu Ikebana Los Angeles Branch.She is a long time member of Nanka Kanagawa Kenjinkai and the recent recipient of the Commendation for the Elderly Kanagawa Living Overseas. The Commendation will be presented to Ms Takeichi at our annual picnic on July 10, 2016.
As a "Riji" level instructor, Ms Takeichi has achieved the highest rank of Ikebana. She began studying in the Sogetsu school of ikebana under Shunyo Okinaka in 1980. Since then, she has received the qualification of first-degree grandmaster in the Sogetsu style and continues to teach ikebana classes throughout Southern California. In 2007, she was given the Special Award for Overseas Instructor from the Sogetsu headquarters in Japan.

(和訳)
 武内治子(玉春)先生の草月流ロサンゼルス支部で行われた教授歴25周年記念華展の様子が羅府新報に掲載されました。武内さんは、長年の「南加神奈川県人会」の会員で、このたび「在外県人高齢者表彰」を受賞されました。7月10日に開催する毎年恒例のピクニックの際に表彰する予定です。
 1級師範理事である武内さんは、いけばなの世界の最高位に達している方です。1980年にオキナカ・シュンヨウ氏に師事し、草月流のいけばな学校でいけばなの勉強を始められました。以後、草月流の1級師範理事の資格を取得し、今日まで南カリフォルニアでいけばなを教えていらっしゃいます。2007年には、日本の草月流本部から「海外指導者特別賞」も受賞されています。

 

 


» この記事のPDF版


» この記事のPDF版



武内治子(玉春)さん関連記事(羅府新報電子版/RAFU SIMPO:日本語版)
http://www.rafu.com/tag/%E6%AD%A6%E5%B8%82%E7%8E%89%E6%98%A5/

PAGETOP