神奈川フィル「定期演奏会みなとみらいシリーズ第318回」感想文
Impressions of the Kanagawa Phil Minato Mirai Series the 318th Subscription Concert

 

韓国出身の会員の方より Message from a South Korean member

The concert was so great. I had never been to Minato Mirai hall before. But this time I really enjoy the sound. And the hall itself was impressive.
Particularly, the last symphony was so amazing even though musics were too contemporary for me to understand easily. The sound, the performance and everything were perfect.
I would like to join again!!
Thank you for providing me a good opportunity.

(和訳)
コンサートはとても素晴らしかったです。今までみなとみらいホールに行ったことがありませんでしたが、今回、音楽を心から楽しむことができました。また、ホールもとても印象的でした。特に、最後の交響曲は私にとって理解の難しい現代的なものでしたが、とても素晴らしかったです。音楽やパフォーマンス、全てが完璧なものでした。 また参加したいです。
このような素晴らしい機会をいただき、ありがとうございます。

 

アメリカ出身の会員の方より Message from an American member

My wife and I both enjoyed Saturday’s concert by the Kanagawa Philharmonic Orchestra. I particularly enjoyed the opening piece, Dances of Galanta, by Kodaly, which was totally new for me, while my wife really enjoyed the Symphonie fantastique by Berlioz.

Although our knowledge of classical music is limited, each of the five parts of Berlioz’s piece seem to be appropriately titled: 1. Reveries, Passions 2. Un bal 3. Scene aux champs 4. March au supplice 5 Songe d’une nuit du Sabbat. My wife, who could of course read the Japanese program, found the description of the piece very interesting and helped us enjoy the music even more. Finally, the melodic theme of part 5, Dies Irae, was very familiar to her and she was impressed that the orchestra could play such a rich variation of what was originally a Gregorian chant.

Thank you again for sponsoring such a generous ticket giveaway.

(和訳)
妻とともに土曜日の神奈川フィルハーモニー管弦楽団のコンサートを楽しんできました。特に、オープニングで演奏されたコダーイのガランタ舞曲は初めて聴く曲でしたし、とても楽しむことができました。妻はベルリオーズの幻想交響曲を心から楽しんでいました。

私たちのクラシック音楽に対する知識は限られていますが、ベルリオーズの作品の5つの楽章のタイトルは適切なもののように思えます。「1 夢、情熱」「2 舞踏会」「3 野の風景」「4 断頭台への行進」「5 魔女の夜宴の夢」。日本語のプログラムが読める妻はこの楽章の表現をとても面白く思い、また、これにより音楽をより楽しむことができました。最後の、第五楽章の主旋律部である「怒りの日」は、妻にとって非常に親しみを感じるものでしたし、元はグレゴリオ聖歌であるこの曲の豊富なバリエーションを管弦楽団が演奏できることに感銘を受けていました。

このようなチケットを再び提供いただきまして、ありがとうございます。

 

▼ やさしいにほんごばん は、こちらから!(PDFデータがひらきます)
PAGETOP