神奈川フィル「定期演奏会県民ホールシリーズ第7回」感想文
Impressions of the Kanagawa Phil Kenmin Hall Series the 7th Subscription Concert
▼ やさしいにほんごばん は、こちらから!(PDFデータがひらきます)

 

ベルギー出身の会員の方より Message from a Belgian member

Although I am not an expert in classical music or any kind of orchestra, I must say I was very impressed with all of the musicians. During ‘Romeo & Juliet’ by Sergei Prokofiev, even without prior hand knowledge of which part was the ‘Morning Dance’ or ‘Death of Mercutio’ or any others, it was easily recognizable due to the skill of the orchestra.
I was also surprised with the soloist for the piano, who played such a long piece without failing to put heart in it.
I would definitely go watch again if I’d had the chance.

(和訳)
クラシック音楽やオーケストラについては詳しくない私ですが、全ての演奏者にとても感心したと言えます。セルゲイ・プロコフィエフによる「ロメオとジュリエット」では、どのパートが「朝の踊り」なのか、「マーキュシオの死」なのか、あるいは他のパートなのか、予備知識がなくても、オーケストラの技術が高かったので簡単に分かりました。
ピアノのソリストは、あれだけの長い曲を失敗せずに心をこめて演奏していて、とても驚きました。
もし機会があれば、ぜひまた見に行きたいです。

 

中国出身の会員の方より Message from a Chinese member

ひさしぶりの県民ホールで、神奈川フィルを聴きました。席もステージがよく見える一階席を用意して頂き、有難うございました。おかげ様でオーケストラメンバーの表情も見え、曲を聴く楽しさに加え別の楽しさも味わえました。
1曲目は私の好きなショパンのピアノ協奏曲で柔らかな演奏が心地良かったです。
2曲目のロミオとジュリエットはオーケストラのみで聴いたことがなかったため、どのような構成の曲になるのか楽しみでした。驚いた事に最初から最後までどの場面かが手に取るように浮かんできて思いっきり楽しみました。
このような機会を与えて頂き感謝いたします。有難うございました。

PAGETOP