サポート・ファミリーからのお便り
(タイからの留学生との交流)

掲載日:2016年1月28日

※ サポート・ファミリー交流については、こちらをクリック!

おもてなしは、お(この)()

我が家がサポートファミリーをさせてもらっているタイの留学生が、遊びに来た。日本の家庭に来るのは初めてとのこと。何でもてなす?「よし、お好み焼きを作ろう」と夫。

神奈川県から出たことのない私は、お好み焼きはアウェイ感満載。
なので、調理はいつも夫が。

我が家のお好み焼きは、麺が入っていて、夫曰く「広島風」、だけど、見た目は「モダン焼き」?

ソースはもちろん、おたふくソース。


出来上がって、乾杯。
工学部に通う彼女、工学部卒ということで先輩風を吹かす長男、日本を味わってもらうためにはと色々考えている夫、和やかな夕べとなった。

次は何を企画しようかな?


(English)
We welcomed a student from Thailand. We made okonomiyaki for her as it was her first time to visit Japanese home. We always use noodles to make okonomiyaki and this is called “Hiroshima-style.” She is a student of engineering faculty and my son also majored in engineering when he was a student. My husband was thinking a lot about how we could provide an opportunity to feel Japan. We had a really good time.

(とり)(いち)


二の酉。
タイの留学生と一緒に行ってみた。
提灯は何の意味があるの?と聞かれて詰まる。
「昔のランプ」という意味だけじゃなくて、こういうお祭りに使うのは別の意味があるはず。
日本の事知らないなぁ。

おみくじにも初挑戦。
文言の漢字には全部ふりがなが振ってあったけれど、意味は難解。なかなか説明も難しい。


あいにくの雨の中、そこそこ熊手も売れていた模様。
日本の伝統とは無縁に生活しているけれど、もっと日本も味わうべきだね。留学生も楽しんでくれたみたいで、よかった、よかった。


(English)
Torinoichi is a festival that is held in shrine. I went there with a student from Thailand. She asked me “what meaning does chochin have?” but I could not come up with a clear answer, besides chochin is an old-style lamp which was used a long time ago. She tried omikuji (paper fortune) and reading difficult Japanese explanation. I stay away from Japanese tradition in daily life, but I should know more about it. She seemed to have a fun. It was a good time.

「おせちを(つく)(かい」に参加(さんか)

タイからの留学生と、「おせちを作る会」に参加した。
お正月は、出かけて不在の予定なので、おせちは作らない。留学生に、本当は日本のお正月を味わってほしかったのだけど。だから、チャンス!と飛びついた。
メニューは、きんとん、田作り、黒豆、なます、だて巻き、たたきごぼう。
参加者は、赤ちゃんからシニアまで、性別も混合で。まさに、ダイバーシティ。

留学生、きんとんを作るの図。
彼女が着ているのは、私の母が嫁入り道具で作ったエプロン。
フリフリで可愛すぎて私には着られず、娘もいないのでそのままになっていたもの。
何十年もの間、タンスの肥やしとなっていたが、着てくれる人が見つかってよかった。
できあがったおせち、きんとんは、リンゴ入り、なますはピーラーで、田作りはクルミ入り、と、ちょっとモダンな感じ。
会の主催者さんが小さい子どもでも参加できるようにと、工夫したメニュー。
ちなみに留学生は、タイであんなに辛い物を食べているのに、ダイコンやワサビの辛みは苦手。
おせちのお気に入りは、きんとんと田作りでした。


(English)
I took part in an event to make osechi (Japanese New Year’s dish) with a student from Thailand. I really wanted her to eat osechi, so it was a great opportunity. We made kinton (mashed sweet potato), tazukuri (dried sardine), kuromame (sweet black bean), namasu (raw fish and vegetables seasoned in vinegar), datemaki (rolled omelet)and tatakigobo (seared burdock). She wore an apron which my mother had made for me when I had married. It is too cute to wear for me, but I am glad to see her wearing it. She did not like pungent taste of Japanese radish and wasabi well, though Thai food is spicy. Her favorite osechi were kinton and tazukuri.

PAGETOP