一柳慧プロデュース「FLUX Quartet」感想文
Impressions of the FLUX Quartet produced by Toshi Ichiyanagi

 

中国出身の会員の方より Message from a Chinese member

ご当選させていただき、誠にありがとうございます。 今日の現代音楽はやはり今まで聞いてきた音楽と違う感じがしました。楽器を「おもちゃ」のように、演奏者たちは楽しんで「遊んでいました」!バイオリンを時々ギターのように引いたりしました。さすが現代、新しい音楽だなあと実感しました。今回はとにかく曲が難しそうで、理解しにくかったですが、四人の絶妙なチームワークで本当に素晴らしかった演奏でした。

 

ベトナム出身の会員より (From a Vietnamese member)

It was great opportunity to listen to FLUX Quartet from New York. Just by two violin, a viola and cello, they has showed us how modern music progress and how creative musicians are. Various techniques of playing those musical instruments have been showed. Interestingly, the way those string instruments came along well with piano is awesome. As stated by Tom Chiu, the leader of FLUX Quartet I guess, at the reception at the end of the concert, they are trying to break the boundary in music. Honestly, their show has opened up my understanding of the boundary in music.

ニューヨークから来たフラックス・カルテットを聴ける素晴らしい機会でした。二つのバイオリン、ヴィオラ、チェロ、たったこれだけで、近代音楽の発展と演奏家たちの創造性を表現していました。これらの楽器を演奏する様々な技術を目の当たりにしました。面白いことに、これらの管弦楽器はピアノとの相性が非常に良いのです。コンサート終盤のレセプションで、フラックス・カルテットのリーダーであろうトム・チウ氏が言うように、彼らは音楽の中にある境界を超えたのです。本当に、彼らのショーは音楽の境界についての私の理解を打ち砕きました。

PAGETOP