神奈川フィル「定期演奏会みなとみらいシリーズ第313回」感想文
Impressions of the Kanagawa Phil Minato Mirai Series the 313th Subscription Concert

 

中国出身の会員の方より Message from a Chinese member

ご当選させていただき、ありがとうございます。今日第2部のバイオリンの独奏が素晴らしかったです。さすが三浦文彰さん!バイオリン協奏曲第1番は第1楽章が瞑想的な雰囲気で、第2楽章が急に賑やかで華やかな感じがして、まるでディズニーのメロディーのようでした。3と4もまた華麗な技巧を披露して、印象的な曲でした。

 

ベトナム出身の会員より (From a Vietnamese member)

"Music has calmed me down"
Recently I feel that life is so tough and I am so little in this world. Sometimes I feel lonely and depressed. The 313th Subscription Concert which tell the story of October Revolution in Russia through music has healed the pains inside my heart. Closing my eyes and letting my heart listen to the finest violin played by the youngster talent Fumiaki Miura, I can feel vividly  high and low pitch in every music note which depicted life’s ups and downs in a very beautiful way. Those finest sounds have helped express what I really want to say. It lifted my heart and awoke my souls.

「癒しの音楽」
最近、人生はついてない、自分はとてもちっぽけな存在だと感じていました。時折、寂しさを覚え、落ち込むこともありました。今回の「定期演奏会第313回」は、ロシアにおける10月革命の物語を音楽に乗せて伝えるものです。演奏を聴いて、心の中の痛みが癒されました。目を閉じて心のままに、若き秀才三浦文彰氏の素晴らしいバイオリン演奏に耳を傾けると、鮮明に音程の高低を感じます。まるで、人生における浮き沈みを美しく描写しているようでした。素晴らしい音色が、私の言いたいことを代弁してくれたのです。心を晴れやかにし、魂を呼び起こしてくれました。

PAGETOP