9月10日開催「かながわ探検隊~新横浜ラーメン博物館~」レポート

掲載日:2015年9月29日

神奈川県の観光地や施設等を見学し、ファンクラブの会員の皆さんに、神奈川の魅力に直接触れていただく「かながわ探検隊」。 今回は、フードテーマパークの先駆けとなった「新横浜ラーメン博物館(ラー博)」を楽しんでいただくツアーを実施いたしました。

当日は、あいにくの天気でしたが、屋内施設で、地下鉄の出口からすぐのラー博は大いに賑わっていました。横浜市営地下鉄新横浜駅に集合後、ネパール、エジプト出身のファンクラブ会員の方、サポート会員の計7名の皆さんと入場。まずは、ラー博スタッフの八巻さんによる、かながわ探検隊参加者のためだけの特別なレクチャーです!


(明るく笑顔が素敵な八巻さん)

(説明を聞く参加者の皆さん)

 

ラー博オープンに至った歴史、また今後の海外展開についてなど、ここでしか聞けないお話をしてくださいました。長く愛されるラー博の歴史と未来にみなさん興味津々です。

続いて、いよいよラー博の見所の一つである「昭和の街」へ移動。横断幕を持って記念撮影をしました。


(昭和の街を背景に入れて)

(参加者のみなさん)

この昭和の街で何をしたのかというと…「スカベンジャーハント」です。
スカベンジャーハントが何かご存知ですか?スカベンジャーハントとは小グループやペアに分かれて、指定されたものを探して質問に答えたり、写真を撮ったりするゲームのことです!今回はラー博の凝った内装に合わせて、参加者の皆さんには10個の指令に挑戦してもらいました。

 


(答えを見つけるのが早かったAチーム)

(協力して答えを考えるBチーム)

再集合をして答え合わせをしました。ラー博スタッフの八巻さんが景品としてくださった”ラーメン飴”を賭けてクイズの答え合わせをしたり、写真を撮る指令で撮影した写真を見せ合ったりして、最後まで楽しい時間を過ごしました。参加者の皆さんはこの後、各自行きたいお店で、食べたいラーメンを楽しみました。

 


(景品の“ラーメン飴”を持って一枚!)

(ベジタブルラーメンに舌鼓!)


参加者の皆さんからは、次のような感想が寄せられました。

参加者の皆さんの声

・エジプト出身の参加者
ラーメン博物館の体験を用意していただいたことに対して感謝いたします。
昭和町の雰囲気の素晴らしさ、ラーメンの美味しさ、両方体験出来てよかったと思います。

 

・ネパール出身の参加者
とっても楽しかったです!

 

・日本人サポート会員の参加者

スカベンジャーハントの企画や、ハラルメニューの確認等、綿密な準備は素晴らしいと思いました。特別な気概なく参加できたイベントだったので、とても良いひとときを過ごせたと感謝しております。

 

・日本人サポート会員の参加者

スカベンジャーハントは未経験のゲームで難しい設問も有りましたが、グループ全員 協力で解決し久しぶりに若い気分になりました。

 

・日本人サポート会員の参加者

新横浜ラーメン博物館でスタッフの方から特別に歴史などご説明いただき、日本のラーメン文化の多様性や発展に関心を持ちました。昭和をイメージした館内はなかなかよくできていて、クイズを用意してくださったおかげで見過ごしてしまいそうな細かな点まで知ることができ、たのしくためになりました。今後も外国人と日本人が交流しながら神奈川の魅力を発見できるようなイベントの企画に期待しています。

 

・日本人サポート会員の参加者

初めてかながわ国際ファンクラブの活動に参加させていただきました。国際交流をしながら念願の新横浜ラーメン博物館へ行くことができるなんて、とても魅力的な企画でした。ラーメン博物館がどのようになっているのかよく知らずに参加したため、昭和30年頃?の町並みは人情味があるような感じでした。(スカベンジャーハントの指令問題にも出てきましたが、)当時の日本では屋根の上で鶏を飼っている方がいらっしゃったのでしょうか?スカベンジャーハントという面白いゲームも楽しめました。

最後に

最後に、今回の「かながわ探検隊」にご協力いただいた皆様に改めて感謝申し上げます。
かながわ国際ファンクラブでは、今後も、神奈川の魅力を探る「かながわ探検隊」を開催します。

皆さんのご参加をお待ちしております。

PAGETOP