サポート・ファミリーからのお便り
(中国からの留学生との交流)

掲載日:2015年1月9日

交流相手の留学生を自宅にお招きしました。

9月に、交流相手の留学生を自宅にお招きして一緒にランチをしました。我が家の最寄駅がわかるとのことで、駅で待ち合わせしました。
メンバーは私・夫・長女・そして私の母でした。メニューは『冷やしうどん』。好き嫌いがまだわからないので具は盛らずに好きなものを自分でのせるようにしました。具はきゅうり・かまぼこ・錦糸卵・ほうれん草・油揚げ煮・トマトなど。好き嫌いはないようで全種類を取ってくれました。中でも油揚げの煮物は気にいってくれました。 食事のあとはテレビを見ながらいろいろなお話をしました。アパートにテレビはないようで楽しんで見ていました。
その後、私と長女と三人で横浜駅へ。日本のアニメが大好きと聞いていたので東口のアニメイトに連れていってあげました。大喜びでグッズを数品買っていました。それから娘がプリクラを撮りたいといい、移動しました。中国にもプリクラはあるようですが日本のプリクラのおしゃれさに驚いていました。撮影後、写真に文字を書いたり、ペイントしたりするらしいのですが、楽しい!とまたまた大喜びでした。

留学生のお誕生日でした。

9月末は、交流相手の留学生のお誕生日でした。留学生とそのお友だちと娘の三人で夜、横浜で待ち合わせしごはんを食べに行きました。
プレゼントは何がいいかなと娘と考えましたが、まだ好みがわからないのでお花にしました。黄色が好きと聞いていたので黄色のお花を中心にフラワーアレンジメントを作ってもらい、差し上げました。とても喜んでくれたそうです。
その後にまたまたプリクラを撮りに行ったそうです。日本のプリクラがすっかりお気に入りのようです。


浅草とスカイツリーに行きました。

交流相手の留学生と、浅草・スカイツリーめぐりに行ってきました。
9時に最寄駅で待ち合わせをして、渋谷駅で下車。留学生は渋谷の人の多さに驚いていました。 銀座線に乗り換えて、浅草駅へ。雷門の前で写真を撮り、仲見世散策。留学生は能のお面と人形焼を買いました。
次に私の父のおすすめの甘味どころの梅園へ。初めて食べたあんみつと茶そばの美味しさに感激してくれました。
いよいよ目的地のスカイツリーへ。予想以上に混雑していて、展望台にのぼれたのは19時頃。なんともう夜景の時間でした。でも、その夜景の素晴らしさに感激でした。
1時間ほど空中散歩を楽しみ、夕食はソラマチでたこ焼きを食べました。たこ焼きは中国にもあるようです。
帰りは押上駅から電車に乗り、横浜に戻ってきました。とても楽しい一日でした。
留学生は日本のことをとても勉強していて、今度は東京タワーに行きたいと言っていました。


かなファン交流会に参加しました。

11月7日は、交流相手の留学生と一緒に、家族でかなファン交流会に参加しました。たくさんのサポート・ファミリーと留学生が参加しており、交流の輪が広がりました。

交流相手の留学生とは、寒くなってきたので近場の温泉に行く計画を立てています。
今から楽しみにしています。

PAGETOP