「上野水香プロデュースバレエ『Jewels from MIZUKA』」感想文
Impressions of the Special ballet performance“Jewels from MIZUKA”produced by Mizuka Ueno

 

ケニア出身の会員の方より Message from a Kenyan Member

Ever since I was a child, I had the love for music and arts. I watched movies and television programs which had a ballet scene and wished I would either dance or watch a ballet performance. Unfortunately, ballet is not popular in my country.
子供のころから、音楽と芸術を好んできました。
バレエを特集した映画やテレビなどをみて、踊ったり、本物のバレエを見られる日を夢見ていましたが、わたしの故郷ではバレエはあまり身近ではありません。

My dream came true when I won tickets through KANAFAN to go watch a ballet performance called ‘Jewels from Mizuka’. I was excited as I have always wanted to watch a ballet performance. Entering the Kenmin hall brought a feeling of happiness as my dream would soon be alive. I got the chance to sit in the second floor of the hall where I would be able to get a great view.
でもカナファンのチケットに当選し、「みずかからの宝物」というバレエの舞台を見る権利を得たとき、私の夢は叶いました。長い間ずっとバレエを見たかったので、とても興奮しました。
県民ホールに着いて、私は夢がまもなく叶うというときめきでいっぱいになりました。二階席のとても眺めのいい席にも恵まれました。

The ballet performances started at 3:00pm and with every end of the performance, one wished that time would not go so fast. It was interesting to see a theme of modern and classic music and a blend of Japanese, Italian and Europe culture all infused in one show. The performances ended at 5:15pm. This was one of my best moments.
バレエの公演は午後3時から始まりましたが、どの幕の終わりでも、この時間が終わってしまわないことを願いました。現代音楽とクラシック音楽をテーマにして、日本、イタリア、ヨーロッパの文化が混ざり合ったこの劇はとても面白かったです。午後5時15分に公演が終わったとき、私は幸せでいっぱいでした。

Thank you KANAFAN for giving me this great opportunity and I hope I will get future opportunities to attend music and arts events.
こんな素晴らしい機会を与えてくれたカナファンには本当に感謝しています。
また近い未来、こういった音楽や舞台に触れる機会に恵まれることを願っています。

 

メキシコ出身の会員の方より Message from a Mexican Member

Since the very beginning the performance started, the ballet took the audience to a different world, it was not Japan, nor Europe, it was a world of joy, delight and spice, leaving the daily life thoughts for more than 2 hours, which seemed elapsed in a blink. Every minute was carefully planned with special attention, the opening, all the main performance and the closing. Especially the opening was unique as no ever have seen before, that catched my attention for the first minute.
パフォーマンスの最初から、バレエは我々観客を別世界に連れて行きました。そこは日本でもヨーロッパでもなく、歓喜と趣に満ちた世界でした。日常生活から離れた2時間は、あっという間に過ぎていきました。オープニング、すべてのパフォーマンス、そして終わりまで、すべてがとても凝っていました。とりわけオープニングは、かつて観たことの無いようなユニークなもので、最初から私は心を奪われました。

What the artist did was not only a ballet performance, they told a story with a perfect combination of classic and modern ballet.  Rhythm, choreography, delight, filled the environment, and then, ballet step forward once more with a subtle invitation to participate in the performance, by claping, audience took part of the music that was played.
ダンサーたちは、単にバレエを踊ったのではなく、古典的なバレエと現代的なバレエを融合して、物語を紡ぎました。リズム、振り付け、歓喜が会場を満たしました。そしてさらに進むにつれ、我々観客は手拍子するように自然と誘導され、生演奏の一員にもなりました。

Without a doubt Japan keeps surprising me in every aspect I participate, they show creativity, imagination and innovation in every aspect, this time, I had the opportunity to witness those attributes in a cultural arts.
Cannot wait to attend the next cultural event here in Japan.
疑いなく、日本は様々な場面で私を驚かせます。創造性、想像力やイノベーションに富んでいます。今回は、これらの資質を文化芸術の面で見ることが出来ました。
日本でまた次の文化イベントに参加するのが待ち遠しいです。

PAGETOP