「神奈川フィル みなとみらいシリーズ第304回定期演奏会」感想文
Impressions of the Kanagawa Phil. Minato Mirai Series the 304 Subscription Concert

 

アメリカ出身の会員の方より-1 Message from an American Member-1

Members produce really wonderful music. Thank you for sending us the tickets to attend Kanagawa Philharmonic Orchestra’s concert. We really enjoyed it. Mr. Guillaume Vincent, the young pianist from France is a genius and played mesmerizing piano. After the intermission, Ms. Egawa Setsuko played amazing flute and then the full orchestra under the expert guidance of conductor Mr. Kimu Seikyo entertained the audience for the rest of the concert time. Two hours went by quickly.
オーケストラの皆さんは本当に素晴らしい音楽を披露してくれました。神奈川フィルハーモニー管弦楽団のコンサートのチケットを送ってくださりありがとうございます。大いに楽しみました。フランス人の若きピアニストであるギョーム・ヴァンサン氏は天才的で、魅力的なピアノを聴かせてくれました。休憩の後は、江川説子氏が素晴らしいフルートを聞かせてくれました。そして残りの時間は、金聖響氏の指揮に導かれ、オーケストラ全体が聴衆を魅了しました。2時間があっという間でした。

Again, we want to thank KANFAN and Kanagawa Philharmonic Orchestra for giving us this wonderful opportunity to enjoy world class music, and help enjoy our stay in beautiful Japan.
かながわ国際ファンクラブと神奈川フィルハーモニー管弦楽団に、このような世界レベルの音楽を楽しむ機会を与えてくださったことに感謝します。おかげで、この美しい国・日本での生活を、より楽しむことが出来ています。

 

アメリカ出身の会員の方より-2 Message from an American Member-2

Thank you Kanagawa for a great cultural experience. A very eclectic number of pieces.
文化に触れる素晴らしいひと時をありがとうございます。選りすぐりの作品たちでした。

The first piece Pithoprakta by Iannis Xenakis was a little difficult to understand. The premise is the "statistical mechanics of gasses." And, sounds as it is described. I do appreicate Conductor Kim to introduce such pieces to broaden my understanding of music.
最初の曲のヤニス・クセナキスの「ピソプラクタ」は、少し難解でした。この曲のベースは「気体の統計力学」で、そのような音でした。このような作品を指揮し、私の音楽の理解を深めてくれた指揮者の金氏に感謝したいと思います。

The second piece, by Beethoven, Concerto for piano and orchestra No. 3 in C minor, Op 37, was remarkable. Mr. Vincent Guillaume on piano, with the Kanagawa philharmonic was truly beautiful music. Mr. Guillaume gave the music the power and elegance, both soothing and powerful.
2つ目の曲、ベートーベンのピアノ協奏曲第3番ハ短調Op.37は見事でした。ピアノのギョーム・ヴァンサン氏と神奈川フィルが、本当に美しい音楽を奏でてくれました。ギョーム氏は音楽に、力強くかつ心地よいパワーと優美さの両方を与えました。

Subsequently Mr. Guillaume performed a few favorite encores, which added his personality to the concert. You can feel that he was truly appreciated by the audience, and he humbly accepted their strong applause.
続いてギョーム氏はアンコールに応えて数曲披露し、このコンサートをより彼らしいものにしました。観客は拍手喝采で絶賛し、彼も控えめにですがそれを受け止めてくれました。

The next piece was again post war, Memoriale by Mr. Pierre Boulez.
This was highlighted by Setsuko Egawa on flute. Another interesting piece. Very well done by Ms. Egawa. Introducing me to new ways to think about music.
次の作品は再び戦後のもので、ブーレーズの「メモリアル」でした。
フルートの江川説子氏により印象的な作品になりました。これもまた興味深い曲です。江川さんの演奏が良かったです。音楽についての新しい見方を紹介してくれました。

The final piece was the best for me. Mr. Maurice Ravel’s “Daphnis et Chloé”. This was actually written for a ballet, and it seems that there were various differences in artistic interpretation, and the final result was not widely accepted. But, subsequently revised and performed to critical acclaim. Very powerful piece, and you can feel the energy that would be used for the ballet.
最後の曲が私にとってはベストでした。モーリス・ラヴェルの「ダフニスとクロエ」です。これはバレエのために作曲された作品で、芸術的な解釈においては様々な相違があったようですが、結局、広くは受け入れられませんでした。しかし、後に改編され、批評家たちに称賛されました。とても力強い作品で、バレエにぴったりのエネルギーを感じることが出来ます。

Thank you again for the fantastic opportunity,.
素晴らしい機会を本当にありがとうございます。

 

韓国出身の会員の方より Message from a South Knorean member – Japanese text only

私の妻は大学時代、この曲(ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第3番)でピアノの実技試験を受験したことがありました。それをもう一度思い出した演奏会でした。

当時私の妻の先生が、この曲は表現しにくいのでシューベルトやモーツァルトの曲を薦めたそうですが、妻は必ずこの曲を勉強してみたかったそうです。テクニックは難しくなかったが、深さと感情表現がうまくできず、たくさん悩み、残念がった記憶がありました。

特にカデンツァ部分がぎこちなく、演奏している途中先生に怒られたこともあったそうです。その当時、妻はまだ若かったので、ベートーベンの曲を表現するのが無理だと思ったそうですが、今回の演奏会を見て反省するようになっています。

今回、その当時の私の妻の年齢よりも若いピアニストが、自信を持って、力がありながらも流れるような軽さと軽快さを、繊細かつ豊かに表現して、ベートーベンの唯一のC minor concerto(ハ短調)の魅力を感じることが出来ました。

ゆっくりと少し陰鬱な第2楽章に続いて、ダイナミックで楽しい雰囲気の3楽章を最後に、気持ちよくこの曲を聴き終えることができました。

良い機会をいただきありがとうございます。特に私の妻は、結婚後に私のために日本に来たので大変な部分が多いです。だからコンサート鑑賞の機会がとても嬉しいです。

PAGETOP