「神奈川フィル第297回定期演奏会」感想文
Impression on Kanagawa Philharmonic Orchestra
the 297 subscription concert

あなたも参加しませんか?チケットのプレゼントは、こちらをクリック!
Click here to join ticket giveaway campaign!
(※プレゼント対象者は、会員である留学生等の外国の方となります。)

インドネシア出身の会員の方より From an Indonesian Member (日本語訳が下にあります)

I and my friend enjoyed the music concert so so much. It is really a world class performance in Japan. No words is enough to be used to express my satisfaction and amazement for the beauty of the songs the music team performed.

(和訳)
友人も私もコンサートを大いに楽しみました。まさにワールドクラスの演奏でした。オーケストラが奏でた音楽はとても美しく、満足しました。どんなに言葉を尽くしても言い表せません。

アメリカ出身の会員の方より From an American Member (日本語訳が下にあります)

Thank you very much for the opportunity to listen to Symphony No.6 in A Minor.

First, the music was powerful. I had not heard much from Gustav Mahler before, but now I am definitely a fan. The music was sad, but, one interesting instrument used was a big hammer and a box.

A very interesting side note is that Mahler made his New York debut at the Metropolitan Opera on 1 January 1908, when he conducted Wagner’s Tristan und Isolde. The Tristan und Isolde was the Kanagawa’s philharmonic 296th concert conducted by Taijiro Iimori-san on February 22.

We also stayed for the farewell to Seikyo Kim-san. Very touching ceremony. Kim-san has been a very strong leader. It will be sad to see him go, but he did promise to come back for future events.

And, as always, the venue is fabulous. There is no bad seat in the house.

Thank you. I hope I get another opportunity to listen to the excellent Kanagawa Philharmonic again soon.

(和訳)
交響曲第6番イ短調「悲劇的」を聴く機会を与えてくださりありがとうございます。

とてもパワフルな曲でした。これまであまりグスタフ・マーラーの曲を聴いてきませんでしたが、いまやすっかり彼のファンです。曲は悲しげでしたが、大きな金槌と箱という、面白い楽器が使われていました。

興味深いことに、マーラーは1908年1月1日にメトロポリタン・オペラでニューヨークデビューを果たしましたが、そこで指揮を取ったのがワーグナーの「トリスタンとイゾルデ」でした。ちょうど「トリスタンとイゾルデ」は、神奈川フィルの2月22日の第296回定期演奏会にて、飯守泰次郎さんの指揮により演奏されたところです。

また、金聖響さんのお別れ会にも参加しました。とても感動的なセレモニーでした。金さんはとても力強いリーダーでした。彼が去るのは残念ですが、また今後の演奏会に帰ってくると約束してくれました。

そして、いつもながら、みなとみらいホールはとても素晴らしいところです。悪い席はありません。

ありがとう。神奈川フィルの第一級の演奏を、また近いうちに聴ける機会があることを楽しみにしています。


PAGETOP