「神奈川フィル第296回定期演奏会」感想文
Impression on Kanagawa Philharmonic Orchestra
the 296 subscription concert

あなたも参加しませんか?チケットのプレゼントは、こちらをクリック!
Click here to join ticket giveaway campaign!
(※プレゼント対象者は、会員である留学生等の外国の方となります。)

アメリカ出身の会員の方より From an American Member (日本語訳が下にあります)

Thank you. It was a very enjoyable Saturday afternoon. A good crowd for the concert.

The conductor, Taijiro Iimori created an excellent performance for both segments.

The first, Wagner’s Tristan and Isolde was moving. I highly recommend the opera created by Wagner. Not only the story, but also the making of the opera itself adds to the drama of the music.

The second segment was Bruckner’s Symphony No.7 in E Major. An excellent choice as they were both contemporaries, and not only is the Symphony No. 7 in E major Bruckner’s most popular, but, it was written (1881–1883 and revised in 1885) when Wagner was dying (1883). Bruckner adds a mournful sound for Wagner, and also uses very unique Wagner tubas (an instrument between a french horn and a trombone) in the piece.
Beautiful.

Thank you again for the fantastic opportunity.

(和訳)
ありがとうございました。とても楽しい土曜の午後でした。観客はほぼ満席でした。指揮者飯守泰次郎のパフォーマンスは両演目とも素晴らしかったです。

最初のワーグナーの「トリスタンとイゾルデ」は感動的でした。ワーグナーのオペラはぜひお勧めしたいです。ストーリーだけでなく、オペラの構成そのものが曲のドラマ性を高めていました。

二番目の演目はブルックナーの交響曲第7番ホ長調でした。両曲ともコンテンポラリーで、交響曲第7番ホ長調はブルックナーの最も人気が高い曲というだけでなく、ワーグナーの死(1883年)に際して書かれたもの(1881-1883年、1885年改訂)で、素晴らしい選曲でした。ブルックナーの、ワーグナーを悼む気持ちが音に込められており、非常にユニークなワーグナーテューバ(フレンチホルンとトロンボーンの間のような楽器)が用いられていました。美しい演奏でした。

改めて、素晴らしい機会をありがとうございました。

PAGETOP