「神奈川フィル第295回定期演奏会」感想文
Impression on Kanagawa Philharmonic Orchestra
the 295 subscription concert

あなたも参加しませんか?チケットのプレゼントは、こちらをクリック!
Click here to join ticket giveaway campaign!
(※プレゼント対象者は、会員である留学生等の外国の方となります。)

インドネシア出身の会員の方より From an Indonesian Member (日本語訳が下にあります)


Honestly, something unexpected happened to me right before the performance started. That is why I could not attend it on time, and have to enter when there was a break between what I think is the first and the second song.

I tried to look it from a positive side though and treat it as a new experience, because apparently Kanagawa Philharmonic Orchestra provided real-time recording of the concert with a TV screen for us who showed up late. That is nice!

And when we finally could enter the hall, we could not sit in our seats because I think it will disrupt the views of other audiences and disturb the flow of the concert. We could watch the performance from the back while standing instead, and I am really glad I came right on this time.

What the orchestra played before me at that time is still the first part of that day concert, which is the Double Concerto in A minor, Op. 102, by Johannes Brahms. And I came right when the duo violin (Yasunao Ishida) and violoncello (Hiroyasu Yamamoto) played their duet part. I have to say that that performance is one of the most beautiful and also my favorite part in the whole concert. They played flawlessly, and really complement each other in perfect harmony. Even when they played with such high speed and, they did it precisely. There was this one moment when they played in a very low volume which barely could be heard, but all the audience in the hall were so silent and seemed frozen that none, I repeat none, other sound except the violin and violoncello could be heard. That moment of silence was very serene it nearly bring tears to my eyes. That kind of moment is what makes me feel very grateful to come to an orchestral concert.

The other pieces marks the debut of conductor Sascha Goetzel. I personally enjoyed his performance in conducting the orchestra, full of energy and expressions. What I really like about him and make him different from any other conductor I have seen before is that he looks like he is playing around when conducting. Not in a bad way of course, because what I think is he really enjoy the song and the act of conducting itself. That shows how much he loves conducting I think. And if I am not wrong, there was an encore performance and that really showed his playful side to the fullest. What an enjoyable performance! Thank you very much KANAFAN for giving me this chance.

(和訳)
実は、演奏が始まる直前に、予想もしなかったことが起こったため定刻に到着することができず、おそらく1曲目と2曲目の間の休憩の時間に中に入りました。

しかし、私はこれを肯定的に捉え、新しい体験と考えようとしました。というのも、神奈川フィルはそのコンサートをリアルタイムで録音したものを、遅れてきた観客にテレビで聴かせてくれていたようだったからです。これはよいと思いました。

やっと会場に入りましたが、他の観客の迷惑になったり、コンサートの流れを妨げたりしてはいけないと考え、自分たちの席には座れませんでした。代わりに後ろの方から立って演奏を楽しむことができました。このタイミングで来て本当によかったと思います。

オーケストラが私の前で演奏したのは、まだその昼の部のコンサートの最初の部分で、ヨハネス・ブラームスの二重協奏曲イ短調作品102でした。私はちょうど、石田泰尚さんのバイオリンと、山本裕康さんのチェロがデュエットで演奏している時に到着しました。その演奏は、コンサート全体の中で最も美しく、また私の一番好きなパートでした。演奏は完璧で、完全なハーモニーでお互いを引き立てていました。速い速度で演奏しながらもとても正確でした。ほとんど聞き取れないような非常に弱い音で演奏する部分がありましたが、会場の観客はまるで凍ったようにとても静かで、バイオリンとチェロ以外の音は何一つ、本当に一つとして聞かれませんでした。その沈黙の瞬間はとても穏やかで、私は泣きそうになりました。このような瞬間が、オーケストラのコンサートに来てよかったと感謝を感じる時です。

他の曲は、指揮者サッシャ・ゲッツェルの首席客演指揮者就任記念のものでした。サッシャ・ゲッツェルのオーケストラの指揮は、エネルギーと表現力にあふれていて、とてもよかったと思います。私が彼の指揮の特に好きなところで、彼が今までに見た他のどんな指揮者とも違う点は、指揮をしている時遊んでいるように見えるということです。もちろん悪い意味ではなく、本当にその曲を楽しみ、指揮をするという行為そのものを楽しんでいると思うからです。彼がどれだけ指揮することが好きかを表していると思います。もし私が間違っていなければ、アンコールの演奏がゲッツェルの遊び心を一番よく表していました。本当に楽しいコンサートでした!この機会を与えてくれたKANAFANに感謝しています。

PAGETOP