「神奈川フィル第295回定期演奏会」感想文
Impression on Kanagawa Philharmonic Orchestra
the 295 subscription concert

あなたも参加しませんか?チケットのプレゼントは、こちらをクリック!
Click here to join ticket giveaway campaign!
(※プレゼント対象者は、会員である留学生等の外国の方となります。)

アメリカ出身の会員の方より From an American Member (日本語訳が下にあります)

I was lucky to win two tickets to the Kanagawa Philharmonic Orchestra’s 295th subscription concert. This concert was on a Saturday afternoon, so I thought it would be much more pleasant than the Friday shows that must be rushed to directly after work. Unfortunately, my train was stopped on the way to the concert and I was in fear of being locked out for the first half of the show. Sprinting from Minatomirai station to the concert hall only took 2 minutes, and as soon as the staff saw us running in, they had our tickets ready and someone to rush us to the first two available seats. The orchestra had just finished tuning up and the conductor of the first half of the show entered.

The first half of the show we were seated in the second balcony (the third floor) near the back of the hall. The sound was great and seeing the two guest musicians, Ishida Yasushi Sho (violin) and Hiroyasu Yamamoto (cello), play together was exciting. They played Brahms: Concerto for Violin, Cello, and Orchestra in A minor. After this three part set, the two guests played a fun tune together as an encore that was very exciting.

After the intermission, we moved to our appropriate seats, which were located next to the organ behind the orchestra. This was a great place to watch the guest conductor, Sascha Goetzel from Austria. He is a very dynamic conductor constantly moving and dancing around as he leads the orchestra.

Overall, the Kanagawa Philharmonic is an all-around pleasure to go see. It is easy to find, has great sound, and great guests artists. I would recommend this to anyone. Even if you don’t like classical music, it is something worth doing at least once.

(和訳)
ラッキーなことに神奈川フィルハーモニー管弦楽団の第295回定期演奏会のチケットが2枚当たりました。コンサートは土曜日の午後で、仕事から直接駆けつけないといけない金曜日のコンサートより良かったと思いました。コンサートに向かう途中、電車が止まってしまい、前半が聞けないのではないかと心配しました。みなとみらい駅からダッシュし2分でホールに到着したところ、会場スタッフがチケットを用意してくれていて、とりあえず空いている席に案内してくれました。オーケストラは調律が終わったところで、前半の指揮者が入場していました。

コンサートの前半は、ホール後方の2段目のバルコニー席でした(3階)。音響は大変良く、石田泰尚(バイオリン)と山本裕康(チェロ)の二人の共演を見るのは素晴らしかったです。演奏はブラームスで、バイオリンとチェロ、オーケストラのための二重協奏曲イ短調でした。この3つの演目が終了した後、二人がアンコールで楽しい演奏をし、とても面白かったです。

幕間後、もともと指定されていた、オーケストラの後ろのオルガンの横の席へ移動しました。オーストリアからの客演指揮者、サッシャ・ゲッツェルを見るのにとても良い席でした。とてもダイナミックな指揮者で、常に動き回ったりダンスをしたりしながらオーケストラをリードしていました。

全体として、神奈川フィルハーモニック管弦楽団はオールラウンドに楽しいオーケストラでした。分かりやすく、音楽もゲストも素晴らしかったです。誰にでもお勧めしたいと思います。クラシック音楽が好きでなくても、一見に値すると思います。

PAGETOP