「神奈川フィル第294回定期演奏会」感想文
Impression on Kanagawa Philharmonic Orchestra
the 294 subscription concert

あなたも参加しませんか?チケットのプレゼントは、こちらをクリック!
Click here to join ticket giveaway campaign!
(※プレゼント対象者は、会員である留学生等の外国の方となります。)

インドネシア出身の会員の方より From an Indonesian Member (日本語訳が下にあります)

Thank you once again KANAFAN, for giving me yet another wonderful experience. It was very enjoyable. The lower floor seating really gives me a different perspectives and also much closer look to the performers. The theme or title for the concert this time is “Romanticism of Brahms and Rachmaninoff”. There were two pieces played on that day from both composers, first is Symphony No. 3 in F major, Op. 90 by Johannes Brahms, and the second one is Concerto for Piano and Orchestra, No. 3 in D minor, Op. 30 by Sergei Rachmaninoff.

The first performance, which consists of four movements, were delivered beautifully by Kanagawa Philharmonic Orchestra. The conductor, Yuki Kakiuchi really lead the orchestra with his strong gesture and acts. It really fits with the opening of the first movement which started strong. All the movements were performed perfectly well, but my favorite is the third movement which is Poco allegretto. The soft and smooth melodies sound really sad, and I never get bored listening to them. At the intermission, there were some changes to the configuration of instruments on the stage. Turns out they brought a piano onto the center piece of the stage. The pianist took that place and the Rachmaninoff’s piece was played. It is said that this concerto has the reputation of being one of the most technically challenging piano concertos in the standard classical repertoire, yet he played it very well. I really like the opening of this concerto. And though I don’t really understand, but it involved many variations of ups and downs, strong and soft playing. The pianist looked really emotional in playing this.

Overall, it was a beautiful performance and a great experience. Thank you KANAFAN!

(和訳)

改めて、素晴らしい機会をありがとう、KANAFAN。とても楽しかったです。1階の席は演奏者に近く、また違った角度から見ることができました。今回のタイトルは「それぞれのロマンチシズム―ブラームス、ラフマニノフ」でした。その日は、この二人の作曲家による楽曲2曲が演奏されました。最初はヨハネス・ブラームスの交響曲第3番ヘ長調作品90で、もう一つがセルゲイ・ラフマニノフのピアノ協奏曲第3番ニ短調作品30でした。

最初の演奏は4つの楽章からなるもので、神奈川フィルハーモニー管弦楽団による演奏は素晴らしかったです。指揮者垣内悠希が力強い指揮でオーケストラをリードし、エネルギッシュに始まる第1楽章にぴったりでした。楽章は全て完璧でしたが、私は特にポコ・アレグレットの第3楽章が気に入りました。ソフトでスムーズなメロディーは物悲しく、聴き手を飽きさせないものでした。幕あいで楽器の構成が変わり、舞台中央にピアノが置かれました。ピアニストが席に着き、ラフマニノフを弾きました。このピアノ協奏曲はクラシックのスタンダード曲の中でも技術的に最も難しいといわれていますが、演奏は素晴らしいものでした。特にオープニングが良かったです。よく理解しているわけではないのですが、様々にアップダウンがあり、緩急のついた曲でした。ピアニストは本当に情熱を込めてこの曲を弾いていました。

全体として素晴らしい演奏でとても良い機会となりました。KANAFANありがとう!
PAGETOP