「神奈川フィル第293回定期演奏会」感想文
Impression on Kanagawa Philharmonic Orchestra the 293 subscription concert

あなたも参加しませんか?チケットのプレゼントは、こちらをクリック!
Click here to join ticket giveaway campaign!
(※プレゼント対象者は、会員である留学生等の外国の方となります。)

インドネシア出身の会員の方より From an Indonesian Member (日本語訳が下にあります)

With this email, I would like to express my thanks and gratitude for giving me the chance to experience the Kanagawa Philharmonic Orchestra performance. Thank you very much! I went to the concert with my fellow Indonesian friend, and both of us really enjoyed the performance. I have always taken an interest in classical music and orchestra performance, but unfortunately I haven’t had the chance to watch one, that is until KANAFAN give me that opportunity. I feel extremely joyful that my first experience of watching an orchestra performance would be in Japan.

From the very first moment of entering the venue, which is Yokohama Minato Mirai hall, I was fully amazed by the majestic view of the Main Hall. The architecture itself is enough to leave me in awe and help me immersing myself in the atmosphere. As for the concert, the first part of the concert is Benjamin Britten’s Violin Concerto, Op. 15. This performance mainly showcases the violin solo by Daniel Hope, accompanied by the gentle music from Kanagawa Philharmonic Orchestra. I am not an expert in this area of course, but his violin performance is truly exceptional. The articulation on each and every note is perfect, and there are many high notes which could make me feel chills on my spine. The performance went very well, and all the audience seem to be thrilled which is marked by the long applause before Daniel go to the backstage.

After the short intermission, the performance continued with Gustav Holst’s The Planets, Op. 32 which consists of seven movements, each named after a planet and its corresponding astrological character from Mercury to Neptune. This time, the capability of Kanagawa Philharmonic Orchestra is shown to its fullest by series of beautiful songs with various instruments and style. I think my favorite in this part has to be Venus, the Bringer of Peace. It truly verify its title as this song really bring peace to my heart with cheerful and easy-listening melody.  The enthusiastic and heartily performance of the conductor, Junichi Hirokami, really delivered the atmosphere of each songs very well. Near the end of the second part, a choir suddenly appeared on both side of the stage and send another chills through my spine with their heavenly voice. It is truly fitting to end the whole performance, leaving the audience including myself struck in amazement.

Once again thank you KANAFAN for giving me this unforgettable experience!

(和訳)
神奈川フィルの演奏を聴くチャンスをいただいたことについて、ここに感謝の気持ちをお伝えします。本当にありがとう!同僚のインドネシア人の友人と一緒に行ったのですが、二人とも心からコンサートを楽しみました。以前からクラシック音楽やオーケストラに興味がありましたが、なかなか見に行くチャンスがありませんでした。その機会をKANAFANが与えてくれました。私にとってのオーケストラ初体験が日本で叶ったことに、この上ない喜びを感じています。

開催場所である横浜みなとみらいホールに足を踏み入れ、まずメインホールの壮大な眺めに驚きました。建物自体に畏怖の念を抱き、雰囲気に浸るには十分でした。コンサートについては、まず前半はベンジャミン・ブリテンのバイオリン協奏曲第15番でした。神奈川フィルの穏やかな演奏にのせて、ダニエル・ホープさんのバイオリン・ソロが披露されました。私はこの分野の専門家ではありませんが、彼のバイオリン演奏は並外れたものでした。それぞれの調音、すべての音符が完璧で、高音部分もたくさんあり、背筋がぞくぞくしました。演奏は素晴らしく、観客もみな魅了されたようで、ダニエルさんが舞台からに下がる前には、長い拍手が送られました。

短い休憩の後、コンサートは続き、ホルストの「惑星」作品32番に入りました。この作品は7楽章で構成され、そのそれぞれに、水星から海王星までの惑星の名前と、その占星術的な特徴にちなんだタイトルがつけられています。今回、様々な楽器とスタイルを用いた、この美しい楽曲シリーズの演奏により、神奈川フィルハーモニー管弦楽団の魅力が遺憾なく発揮されました。この作品のなかで私のお気に入りは、「金星、平和をもたらす者」です。タイトルを証明するかのように、明るく聞きやすいメロディーを聴いて、私も平和な気持ちになりました。指揮者の広上淳一さんの、情熱的で心のこもったパフォーマンスにより、それぞれの曲の雰囲気があますところなく表現されました。終わりに近づいたころ、ステージの両端から突然声楽隊が現れました。その、この世のものと思えないような素晴らしい声を聴いて、また、背筋がぞくぞくしました。コンサートの締めくくりにぴったりで、私を含め、観客に余韻を残しました。

この忘れがたい経験を与えてくれてありがとう。あらためて、KANAFANに感謝します。
PAGETOP