「サポート会員からのチケットプレゼント」に当選した会員から、公演の感想文が届きました!(かなフィル定期演奏会)

掲載日:2013年7月12日

会員のひろば

神奈川での素敵な出会い・思い出、とっておきのおススメ情報を会員の皆さんがお伝えする「ひろば」です。

「サポート会員からのチケットプレゼント」に当選した会員から、公演の感想文が届きました!

あなたも参加しませんか?チケットのプレゼントは、こちらをクリック!(「KANAFANサポート会員からのお知らせ」へ)(※プレゼント対象者は、会員である留学生等の外国の方となります。)

今回紹介する感想文は、財団法人 神奈川フィルハーモニー管弦楽団に提供いただいた、定期演奏会のチケット当選者からいただいたものです。

アメリカ出身の会員の方より

6月29日、みなとみらいで、素晴らしい午後のクラシックコンサートを楽しみました。会場は桜木町駅からほど近い、便利なMM21地区に位置するみなとみらいホールでした。この日私は馬車道から歩いて行き、途中でMM21の小さな遊園地の中の観覧車のそばを通りましたが、観光客やカップル、家族連れなどが乗り物を楽しんでいました。みなとみらいホールは大変きれいで広々とした建物でした。今回のコンサートは、神奈川フィルによる定期演奏会のひとつです。中に入り、自分の席にステージに向かって座ると、巨大なパイプオルガンが印象的でした。ほとんどの席は1階でしたが、バルコニーや、楽団を見下ろせるステージ裏の席などの2階席もありました。

音響がとても良く、観客のマナーもよかったです。演奏が始まってから到着すると、曲の切れ目があるまで入場を待つようにと言われます。中で聞いている観客は、邪魔されずに音楽を楽しむことができます。日本らしく、トイレや席、廊下もきれいでした。ロビーにはコーヒーやワイン、クッキーなどが買えるバーがありますが、ホールの場所はみなとみらいなので、空腹になったら食べるお店は付近にたくさんあります。障害のある方のための設備もありそうでしたが、私が見たメインホールへの入り口や椅子は、そのようなデザインにはなっていませんでした(※)。椅子は日本人サイズなので、脚の長い観客にとってはやや狭いかもしれません。

コンサートは3部構成でした。一曲目は興味深い不協和音の曲でした。SF映画でエイリアンが出てくるシーンのバックミュージックのような部分がたくさんありました。SFファンの私は気に入りましたが、音楽の才のある私の友人は、少しとまどったようです。その他の2曲はもっと伝統的な感じの選曲で、外国のチェリストを迎えたものでした。演奏は素晴らしく、全体の印象としてはとても素晴らしかったと思います。私はこのホールと神奈川フィルハーモニーを、ぜひお勧めします。

プログラムには作曲家の紹介や各曲の背景などが載っていました。司会者などはおらず、プログラム以外に曲目がわかるものがないので、入場するときに必ずこの無料のプログラムをもらうといいでしょう。

(※KANAFAN事務局より参考情報:みなとみらいホールに問い合わせたところ、車椅子で鑑賞可能なお席の用意もあるそうです。)

【原文】
I enjoyed a very pleasant afternoon classical music concert in Minato Mirai 21 on June 29th.  The concert took place in the Minato Mirai Hall conveniently located within the MM21 area very near Sakuragicho train station.  On this day, I walked over from Bashamichi, a route which took me past the Ferris wheel at the small amusement park at MM21.  There were tourists, couples, and families enjoying the rides.  The Minato Mirai Hall is a very clean and airy building.  Today’s concert was part of the regular concert series presented by the Kanagawa Philharmonic Orchestra.  Once inside, I settled down in my seat facing the stage.  There was a impressive giant pipe organ in the concert hall.  While most seats faced the stage on the main level, there was an upper level consisting of balcony seats and another section of seats behind the stage looking down on the band.

The acoustics were good and the audience very polite.  If you arrive after the performance starts, you will be asked to remain outside until there is a break.  This allowed those already inside to enjoy the music without interruption.  Typical of Japan, the toilets, seats, and hallways were clean.  The concert hall had a concert bar in the lobby selling coffee, wine, and cookies.  However, the concert hall is in the Minato Mirai area so, if you are hungry, there are numerous places to eat in the vicinity.  While I would assume that there was handicap access, the entranceways to the main hall that I saw, as well as the chairs, were not designed for handicap access.(※)  The chairs are Japanese size with limited leg space for those with long legs.

The concert consisted of three selections.  The first selection was an interesting and discordant piece.  It was full of segments that sounded like the background music for the alien scenes in science fiction movies.  Being a sci-fi fan, I thought it was cool but my musically talented friend did not seem to enjoy it.  The other two selections were more traditional in nature.  The featured musician was a foreign cellist.  The music was very good and the overall impression was excellent.  I definitely recommend this location and the Kanagawa Philharmonic Orchaestra.

The program explained the composer and the background to each music selection.  There was no MC or any way to know what I was listening to other than the program so be sure to pick up the free program when you go in.

(※Additional information from KANAFAN Secretariat: According to the Minato Mirai Hall, there are special spaces for wheelchair users available.)

PAGETOP