「神奈川フィル みなとみらいシリーズ第301回定期演奏会」感想文
Impressions of the Kanagawa Phil. Minato Mirai Series the 301 Subscription Concert

あなたも参加しませんか?チケットのプレゼントは、こちらをクリック!
Click here to join ticket giveaway campaign!

(※プレゼント対象者は、会員である留学生等の外国の方となります。)

アメリカ出身の会員の方より From an American Member (日本語訳が下にあります)

Thank you for the opportunity to listen to the beautiful music of Tchaikovsky.
As I was able to visit Russia many years ago, it brought back some good memories.

Tchaikovsky’s symphony No 6, is the last that he was able to lead before his death.  And, with his death at such a young age, the song was a focus for any messages.

Also, many do not know that Tchaikovsky was the initial composer for the Carnegie Hall in the US.  It is very interesting the history that the music brings.

Specially for this piece, I enjoy the soothing sounds, and the change to the exciting themes half way through. 

I felt a great energy listening and enjoying.
Thank you again,

 

(和訳)
チャイコフスキーの美しい音楽を聴く機会を与えてくださりありがとうございます。昔、ロシアを訪れたことがあるので、その思い出を思い起こさせてくれました。

交響曲第6番(「悲愴」)は、生前にチャイコフスキーが自ら指揮することが出来た最後の作品です。また、若くして亡くなったため、この曲は何らかのメッセージのようなものでした。

チャイコフスキーがアメリカのカーネギーホールにとって最初の作曲家であったことを知る人は多くありません。音楽がもたらす歴史は興味深いものです。

この曲については特に、心地よい音と、途中のエキサイティングな曲調を楽しみました。

作品を聴き、楽しむことで、エネルギーをもらいました。
ありがとうございました。

PAGETOP