「神奈川フィル みなとみらいシリーズ第301回定期演奏会」感想文
Impressions of the Kanagawa Phil. Minato Mirai Series the 301 Subscription Concert

あなたも参加しませんか?チケットのプレゼントは、こちらをクリック!
Click here to join ticket giveaway campaign!

(※プレゼント対象者は、会員である留学生等の外国の方となります。)

中国出身の会員の方より

私は中国から参り、外国人研究者として、横浜国立大学でピアノ演奏とピアノ教育の研究をしています。

今回幸運ですが、神奈川フィル定期演奏会のチケットが当たり、人生において初めてのオーケストラ鑑賞ができました。今回のオーケストラ鑑賞はまずびっくりしたのが、みなとみらいホールです。立派かつ神聖で、入った途端、心は落ち着いてきます、響きも素晴らしく、表現し易いホールでした。

神奈川フィルの演奏も素晴らしいものでした。今回のプログラムは グラズノフ/バレエ音楽「四季」とチャイコフスキー/交響曲第6番ロ短調「悲愴」Op.74で、どの曲も心を震撼させた演奏でした。表現は立体的で、時には川の流れるようで、時には地震のような、表現は非常に豊かなものでした。そして、観衆のマナーも印象的で、素晴らしかったです。

今回のオーケストラ鑑賞は私にとって、とても貴重な体験でした。機会があれば、またぜひ観たいと思っています。そして、オーケストラの素晴らしさを周りの友達にも訴えたいと思います。

PAGETOP